スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    Oral engneering MOTO3

    既存のプラットホームに合わせてエンジンユニットを作ってしまう。
    NSF250Rと同様な手法です。

    イタリアのOralengneeringが発表したのは、アプリリアのGP125の車体用のコンバージョンキット。
    NSFと異なり通常の吸排気方式です。


    oral_engineering_moto3_original.jpg

    x350.jpg

    big_motore-oral-engineering-m3-moto3_3975.jpg

    motore-oral-engineering-oe-250m3r-moto-3_8.jpg

    motore-oral-engineering-oe-250m3r-moto-3_4.jpg
    ダブルバランサーギヤがユニークですね。

    motore-oral-engineering-oe-250m3r-moto-3_1.jpg

    motore-oral-engineering-oe-250m3r-moto-3_2.jpg

    motore-oral-engineering-oe-250m3r-moto-3_3.jpg
    ブローバイガスが掃きにくそうなケースなのかな?

    Oral_Engineering_Moto3.jpg
    バックの人と較べると割と大きめなパワーユニットなんでしょうか?
    スポンサーサイト
    [ 2011/11/25 14:22 ] Moto3 | TB(0) | CM(-)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gpmono.blog89.fc2.com/tb.php/531-bff0c98a







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。