スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    Z1000の参勤交代(追記)

     前回のエントリーの追記です。

     僕の作業後のインプレを載せ忘れていました。

     納品前にひと回り試運転しました。感想は一言でいうと、普通のバイクになったということです。前後車高は10㎜も下がっていないのですが、作業前の高めの車勢で気難しいフィールは消えました。ニュートラルな特性でハンドルの切れ込みもありません。何よりもマフラー交換による軽量化が絶大で、お尻にオモリがついている感じが消えました。
     
     マフラー特性はスムーズですが、若干トルク感が痩せガッツが無くなったような感じです。燃調を濃くすればもっとガッツ感が出そうな気はしますが、このまままでも開けやすくて別段不満は感じません。

     足回りは若干柔らかすぎるきらいがあるので、ペースを上げる時は締め上げていく方向でしょう。ただタイヤとのマッチングを先ずは考えていく感じでしょうか?タイヤはいたって素直でニュートラルな印象です。空気圧は冷間でF=250KPA R=290KPA(標準空気圧)ですが、少々エアボリューム感というか反発が強い感もあり接地感が稀薄です。BSのBT003STのアスファルトの砕石の粒のゴツゴツ感まで感じ取れるかのような、ソリッドな接地感とは異なるようです。後でオーナー様とお話しましたが、単に馴れの問題かもしれません。

     そんな第一印象でした。

     
    スポンサーサイト
    [ 2011/11/06 11:21 ] ショップ情報 | TB(0) | CM(-)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gpmono.blog89.fc2.com/tb.php/529-54601219







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。